健康・安心な畳日記-神戸・芦屋・西宮・宝塚・三田・尼崎・大阪府-豊中・池田・箕面・吹田・茨木の能登畳店

薄い畳の琉球畳

c0126733_0401697.jpg



今日のお客様宅は神戸市須磨区でした。

この写真からは分かりませんが、この琉球畳は厚みが15ミリしかありません。

普通の畳の4分の1程度です。


元がこういう厚みだったのですが、薄いと畳が作りにくいんです

綺麗に仕上げるには、相当の手間がかかります。


なぜ、15ミリという厚みの畳が増えているのか?

それは、フローリングの厚みが12ミリだからです。

下地の床面にフローリングと畳を並べて高さが一緒になるようにすると、ハウスメーカーは楽です

畳の所だけ、下地を掘り込みたくないから薄い畳を求めているんですね。

しかも、ハウスメーカーがフローリングと同じ厚みの12ミリを求めているので、畳床メーカーも「12ミリに仕上がります」とアナウンスしています。

でも、仕上がりは15ミリになりますよ。

12ミリであって欲しい建築業界と12ミリになると思って欲しい畳床メーカーの思惑が一致している訳ですね。

昔に比べると薄い畳も出来が良くなってはいます。

特に25ミリ以上くらいは本当に良くなってきてます(畳床メーカーによってずいぶん差がある気がしますが)。

15ミリ仕上げの畳床ももう少し耐久性が良くなってくれればと思います。


ちなみに、15ミリ畳もちゃんと作って敷けば、上から見てもあまり分かりません、ちゃんと作れる畳店が作れば・・・。

今日は、熊本県八代 郡築地区の目積畳表「太平洋」を使用しました。

では、おやすみなさい。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
畳の事ならお任せ下さい!
安心・健康な生産者表示の熊本産畳表の畳店

お問い合わせ先
無料お電話 0120-106-793
E-Mail info@nototatami.com

兵庫県-神戸市・芦屋市・西宮市・三田市・宝塚市・尼崎市の畳専門店 能登畳店
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
by nototatami | 2008-02-22 00:39 | 今日のお仕事
<< 実はダイエット中です 今日は大阪市で畳新調でしたが・・・ >>



生産者を表示した熊本産畳表をお客様のお家へお届けする日々のブログ
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧