健康・安心な畳日記-神戸・芦屋・西宮・宝塚・三田・尼崎・大阪府-豊中・池田・箕面・吹田・茨木の能登畳店

畳工事シリーズ 段取り

畳工事シリーズ 「段取り」

写真のように、畳表は10~12畳分がつながって入荷されます。

お客様宅から持ち帰った畳の長さを計って、切り落としで使います。


この時に、傷やムラがあるとよけて使います。

この作業が結構時間がかかるんですよね。

切り離した畳表は、端がほどけているのでまず止めないといけませんし、畳と畳表がまっすぐ縫えるように切り目をつけなければいけません。


畳屋さんの地味な作業ながら、大事な工程です


c0126733_23394916.gif


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
畳の事ならお任せ下さい!
安心・健康な生産者表示の熊本産畳表の畳店

兵庫県-神戸市・芦屋市・西宮市・三田市・宝塚市・尼崎市の畳専門店 能登畳店
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
by nototatami | 2007-04-01 23:38 | 畳の出来るまで
<< ラグのような畳 健康和紙畳表「綾波」 >>



生産者を表示した熊本産畳表をお客様のお家へお届けする日々のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧