健康・安心な畳日記-神戸・芦屋・西宮・宝塚・三田・尼崎・大阪府-豊中・池田・箕面・吹田・茨木の能登畳店

畳工事シリーズ 幅落とし

畳工事シリーズ 「幅落とし」です。

框方向(長さの短い方)を縫い付けた後に、「あらかじめ計っておいた寸法」ー「畳縁2枚と畳下紙2枚分の厚み」=の大きさに畳表を切り落とします。

この時に、無地の畳縁と柄のある畳縁では引く数値が変わります。

畳をお部屋に敷き込むときに幅側がきついと、畳表がふくれた感じになります。

畳をきっちり収めるためには重要な工程です。


結局、全工程が重要なんですが。


c0126733_23383268.gif


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
畳の事ならお任せ下さい!
安心・健康な生産者表示の熊本産畳表の畳店

兵庫県-神戸市・芦屋市・西宮市・三田市・宝塚市・尼崎市の畳専門店 能登畳店
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
by nototatami | 2007-03-20 23:37 | 畳の出来るまで
<< 健康和紙畳表「綾波」 大きなお茶室 >>



生産者を表示した熊本産畳表をお客様のお家へお届けする日々のブログ
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧