健康・安心な畳日記-神戸・芦屋・西宮・宝塚・三田・尼崎・大阪府-豊中・池田・箕面・吹田・茨木の能登畳店

畳工事シリーズ 框縫い

畳工事シリーズ 「框縫い」です。

框とは、畳の短手の所で畳表を「ピンッ」と張った状態で縫い付けます。


表を縫い付けるときは「ピンッ」と張って縫い付けるので、畳はお客様のお宅に納められてからも「そのままでいようとする畳床」と「縮もうとする畳表」が引っ張り合っています。

その二つをくっつける訳ですから、しっかりと縫わなければいけません。


去年、新しい機械を導入したので前の機会よりも深く糸がかけられます。

薄い畳が増えてきたので、品質を落とさないためには必要だったんですね。


でも、薄い畳でも深く糸を通せるようになったので安心して納めれます。

良かった良かった!


c0126733_2328334.gif


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
畳の事ならお任せ下さい!
安心・健康な生産者表示の熊本産畳表の畳店

兵庫県-神戸市・芦屋市・西宮市・三田市・宝塚市・尼崎市の畳専門店 能登畳店
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
by nototatami | 2007-02-10 23:26 | 畳の出来るまで
<< 中道さんの奥様 神戸市北区でラグマット畳 >>



生産者を表示した熊本産畳表をお客様のお家へお届けする日々のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧