健康・安心な畳日記-神戸・芦屋・西宮・宝塚・三田・尼崎・大阪府-豊中・池田・箕面・吹田・茨木の能登畳店

奈良のシカたちに考えさせられました

先日、嫁さんと母親と三人で奈良に出かけてきました。

当店は阪神沿線なので、奈良公園まで電車で行きやすくなりました。


で、東大寺やら春日大社やらを見てきた訳(小学校の遠足以来)ですが、そんな事よりも気になったのは「シカ」でした。

まず、駅を降りてすぐの奈良公園近くにいるシカの画像をご覧下さい。


c0126733_1131217.gif



どうですか?このだらけっぷりは。しかも何か、すごい悪い顔してません?

「もうセンベイいらねー」って感じがあふれ出てました。

確かに来る人・来る人がセンベイを持っているので、嫌になるのも分からないでも無いです。

が、ほとんど全頭のシカがこんな感じでは、見てるこちらも楽しくありません。

「しようが無いからもらっておいてやるよ」的に受け取られても嫌なので、センベイはあげませんでした。本当にいらなそうだったので。


その後、寺社仏閣を見ながら奥に奥に進んでいくと、シカの感じが変わってきました。

その写真がこちらです。


c0126733_1132480.gif



この子は、奥の方の、さらにコケだらけの脇道にいてジッと私を見てたんですね。

ああ、なんかお腹が減ってそうかなと思い(奈良公園での不満も手伝ってかな)、急いでセンベイを買いに行って差し出したところの写真です。

だらけきった奈良公園のシカとは違い、この子は「やったー」と言う感じで食べてくれました。

いっぱいあげました。


その後、さらに奥に進んで行くと、今度は「ジッと見る」どころか、ギラギラした目のシカが増えてきて、それはそれで怖かったりしました。

センベイ売り場を囲むようにして、通る観光客に「これ買ってくれ!」って感じでアピールしてましたね。

危ないかなと思いつつ、一応いるシカには一通りあげときました。

写真撮れなかったのが残念です。面白かったのに。


でも同じシカなのに、いる場所の違いだけでこんなにも生活に違いがあるんだなーと考えさせられました。

奈良公園に行けば、観光客に無理やりセンベイねだらなくても、腹いっぱい食べられるのに。


結論として、恵まれすぎた奈良公園のだらけたシカよりも、奥地で中々センベイにありつけないギラついた怖いシカよりも、中間地点にいた普通っぽい状況のシカが一番可愛かったです。

何事も、普通が一番かもですね。






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
畳の事ならお任せ下さい!
安心・健康な生産者表示の熊本産畳表の畳店

お問い合わせ先
無料お電話 0120-106-793
E-Mail info@nototatami.com

兵庫県-神戸・芦屋・西宮・三田・宝塚・尼崎、大阪府-豊中市・箕面市・池田市・吹田市・茨木市の畳専門店 能登畳店
お問い合わせフォーム
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
by nototatami | 2010-06-13 01:11 | 店長のプライベート
<< 宝塚にて健康和紙畳表カラーの琉球畳 神戸市北区で熊本産無着色畳表で... >>



生産者を表示した熊本産畳表をお客様のお家へお届けする日々のブログ
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧